コロナ 石油ファンヒーターの口コミ(レビュー)

コロナの製造している石油ファンヒーターは、日本のメーカーらしく細かいな配慮が設計に生かされていて、口コミやレビューでも高い評価得をえています。唯一、弱点といえる個所は、本体の大きさぐらいでしょう。他メーカーと比べて、本体の作りが比較的大きめになっているし、重たいという評価をつけられていますが、それは許容範囲で、ほとんどの人がスルーしてしまうぐらいのレベルです。

高い評価の口コミを見ると、一番評価されているのは「臭い」と「音」です。消臭機能については、かなり研究して製品をデザインしているのがよくわかります。本体に消臭のためのシャッターをわざわざ取り付けるぐらいですから、他メーカーと比較するとダントツで臭わないといっても過言ではありません。点火時、暖房運転時、消火時とどのタイミングでも消臭シャッターが、部屋に臭いが漏れるのを防いでくれるので、不快な思いをすることなく使用することができます。「音」の部分に関しては、ほとんどの人が静かだというレビューを記載しています。リビングに使用しているご家庭では、赤ちゃんのお昼寝時にも、安眠を妨げることなく暖房することができると、とっても満足している様子でした。

口コミでは、あまり目立った記載はされていなかったのですが、筆者がコロナを評価しているポイントは、「よごれま栓」と「ダブルフロー」の2つの機能です。よごれま栓とは、タンクにフタが付いていて離れない構造になっており、プッシュボタンを押すと、ワンタッチで開閉できるコロナ独自のシステムのことです。石油ファンヒーターの給油に慣れてないない人や、慣れている人でも油断すると、給油に失敗して灯油をこぼしたりしてしまいがち。コロナであれば、だれでも簡単に給油できて、手や洋服を汚してしまうリスクを抑えてくれます。給油のタイミングは、真冬シーズンに入れば1週間に1度や、あまり使わない人でも2週間に1度ぐらいのタイミングで訪れるもの。衣類やカーペットを汚してしまうと、洗濯や洗浄などの対応をとらないといけないので面倒です。あらかじめ「よごれま栓」がタンクについていれば簡単かつ安心して給油することができますね。

筆者が、コロナ製品で着目しているもう一つの機能「ダブルフロー」とは、低い温風と適温の温風を同時に2層構造で送風することによって、部屋の上部に温風が停滞するのをふせぎ、足元を暖めてくれる機能のことです。暖房器具にありがちなのは、部屋の空気の上の方がかり暖めてしまって、足元が寒い・・ということですよね。結果として、足元の暖をとるために、こたつに入っている・・ということはよくあることですが、「ダブルフロー」機能は、暖かい温風の上から低温の温風を吹き付けることによって、暖かい空気が上昇してしまうのを抑えつける働きをしています。かなり細かい技術ですが、このようなところにこだわって製造しているところが、コロナらしい、日本メーカーとしての誇りを感じることができますね。


コメントを残す

ページトップへ