石油ファンヒーターの換気

石油ファンヒーターは、換気が必須の暖房器具。エアコンの暖房と異なり、灯油を燃焼させるので部屋がどうしても汚れてしまうからです。メーカーのマニュアルでは、1時間に1回から2回程度の換気が必要としていますが、せっかく温まった室内を換気によって下げてしまうのはちょっと気がひけてしまいまうものです。そこで、換気をして室内の空気をリフレッシュさせても室温をなるべくキープできる方法を説明します。

室温をキープさえる具体的な方法は、できるだけ床や壁に蓄熱させることを主眼においてカーペットや絨毯、ラグマットなどをひいておくことです。重要です。とくにフローリングの室内では、これらの工夫をすることによって劇的に保温力が高まり、頻繁に空気の入れ替えをおこなっても室内が底冷えするようなことはありません。石油ファンヒーターから送風される暖かい空気をしっかりとマットが吸収して蓄熱してくれるからです。ツルツルのフローリングの床のままだと、せっかく暖かい空気が床をあたためたとしても、換気のために冷たい外気を入れた瞬間に床も冷え切ってしまい今までの蓄熱効果がゼロになってしまい暖房効率が悪くなってしまいます。

ラグマットや絨毯は、洗濯ができないということで、衛生上の問題で嫌煙する人が多いのですが、洗濯しなくても、消臭・消毒効果の高い「ファブリーズ」を使用すれば、衛生的に使用することができます。ファブリーズと掃除機で定期的にマットをクリーニングしてあげれば、いつでも快適で清潔な状態で使用することができます。

和室で、畳の場合では、畳が、ある程度の蓄熱効果を発揮してくれますが、より効果をたかめたければ、「こたつ」を常設しておくとよいでしょう。「こたつ」を置く時にできるだけ広い大き目な「こたつ布団」を畳の上に広げることによって、石油ファンヒーターからの温風をしっかりと吸収して蓄熱してくれます。「こたつ」と併用して使うことによって、直接的に「こたつ布団」を暖めることができるので、より室温のキープに効果的となります。

面倒くさがったり、寒いからといって、換気をおこたってしまうと一酸化炭素中毒などの症状がでてしまうので注意が必要です。とても便利な暖房器具ですが、危険物を取り扱っているという認識をしっかりと持ち続けることが大切。

筆者は、遠赤外線機能付きの石油ファンヒーターを強くおすすめします。遠赤外線が、身体の芯から暖めてくれますし、床や壁など室内全体を芯から暖めてくれるので、換気をした後はもちろん、スイッチを消したあとでもポカポカとした暖かく心地良い感じをキープすることができます。


コメントを残す

ページトップへ