石油ストーブの燃費

石油ストーブの燃費は、ファンヒーターと比較すると、高くなってしまう傾向があります。というのも、ファンヒーターの場合、マイコンの自動制御によって、設定温度付近にたっしたら、石油の燃焼レベルを自動で調節してくれて、省エネモードで温風を吹き出すのに対して、ストーブの場合は、常に一定の石油燃焼レベルで部屋をあたためる構造のものが多いからです。石油ストーブ付近にいる人は、着火後すぐに暖かさを感じることができますが、広い部屋の場合には、暖かい空気がすみずみまで充満するまでには時間がかかってしまうというところもネックとなってしまいますね。

ストーブの利点は、本体の価格が安いところと、電気を一切使用しなくても暖をとることができることでしょう。また、作りがとてもシンプルなので壊れにくいとく特徴をあわせもっていて、なおかつコンパクトに仕上がっているタイプが多いのも事実です。コンセントが無いような駐車場での作業のときや、台所に置いておいて、料理や掃除をするときに使用するのもいいでしょう。部屋の様々な個所に電気コンセントを意識せずに移動させて使うことができる柔軟性の高さは、他の暖房器具よりも優れいているポイントといえそうです。

石油ストーブの口コミで、最も期待されていることといえば、震災時ですね。停電などがおきたときに、エアコンやファンヒーターは一切使用できなくなってしまうのに対して石油ストーブは、灯油さえ備蓄されていれば、普通に使用することができます。実際、東日本大震災時には、体育館などへ避難した人々は、支援された石油ストーブを使用して、寒さから身を守っていました。

昔懐かしい、じんわりとした暖かさを感じることができるということを、評価している人も数多くいらっしゃいます。電気で稼働する暖房器具とくらべて、人やモノを中心部分から暖めてくれるので、一度、あたたまると冷えにくいという性質もあるようです。部屋に、ある程度の暖かさが蓄積されますので、空気の入れ替えを1~2分おこなっても身体が冷え切ってしまうということもなく、逆に、空気の入れ替えが良い気分転換にさえなるような感覚がありますよね。小学校や中学校などでは、だれもが愛着をもって接していた石油ストーブ。燃費を意識するのであれば、灯油が高い時期ではエアコンなどと併用すれば、気になるコストをさらに抑える効果も期待できそうです。


コメントを残す

ページトップへ