石油ファンヒーター 人気

エアコンよりも部屋を効率的に温めることができる石油ファンヒーターは、電気代の値上げの影響をかぎりなくゼロに近づけることができる暖房器具として注目が集まっています。節電・省エネは、最新の技術によって当然の条件となってきましたが、最近では、おしゃれなモデルの石油ファンヒーターが人気を集めています。昔は、部屋のインテリアにこだわる人はごく一部の人に限られていましたが、今では、安くて品質が高い家具が販売されるようになり(IKEAなどなど・・)部屋のインテリアのデザインにこだわるのが当たり前の時代になってきました。

友達を自分の家に招くにしても、家具のセンスがないとちょっと恥ずかしかったり、なによりも、自分の気持ちが落ち着かないですよね。多忙な仕事やプライベートで疲れた心とと身体は、お気に入りの家具に囲まれている自分の部屋だったりします。その部屋に、まわりの家具と調和していない暖房器具が置かれていたら浮いてしまいますし、自分のテンションも下がってしまいます。

おすすめしたいのは、本体のデザインをよりシンプルに仕上げたトヨトミの石油ファンヒーター。従来のデザインとは全くことなる近代的なデザインにしあがっているところがポイントで、フローリングにも会いますし、和室にもしっかり会うデザインにしあがっています。筆者が知るかぎり、日本のメーカーのなかでは一番デザインに気を配っているのではないでしょうか?

このデザインだったら、部屋の雰囲気を壊すことなく、しっかりと暖めることができます。節電効果も非常に高く、電気代は、わずか、LED電球一つ分のみです。もちろん、主力の燃料となる灯油も、ムダに消費するきおとを抑えた「エコモード」がついているので、コンピュータの自動制御で、部屋を適温にキープしながらムダな灯油の消費を抑えます。

リビングや台所に暖房器具を置くと、基本的には、日中のあいだ、スイッチをつけっぱなしという状態になると思いますが、スイッチを入れたあとも、温度調節のために自動消火と再点火を、オートマティックに繰り返してくれるために、人が意識しなくても、灯油の使い過ぎを防いでくれるというわけです。

ご家族のいらっしゃる方はもちろん、一人暮らしの方、SOHOや仕事の都合で部屋にこもって集中してPC作業やデスクワークされる方にはとくに人気のあるモデルとなっています。


コメントを残す

ページトップへ