安全な暖房器具

安全な暖房器具の前提条件としては、電気のみで稼働させる暖房器具でしょう。石油ストーブやガスストーブなどは、どうしても燃料が危険性をともないますし、部屋の空気を入れ替えなければなりません。現在、ラインナップされている最新の暖房器具は、どれもしっかりした安全装置がついていますが、100%大丈夫だと言い切るためには電気のみor人体の発熱で暖まる暖房器具でなければいけません。

安全性を重視する背景としては、赤ちゃんや、小さい子供の存在、もしくは、お年寄りなどのいらっしゃるご家庭が、万が一のことを考えているケースが非常に多いです。何かトラブルがおこった後から、暖房器具の安全対策を考えても遅いですからね・・・。燃料を持ち運ぶことなく、空気を入れ替えることもなく、かつ効果的に人体を暖めてくれるのは、遠赤外線を使用したストーブだと考えています。電気代は、かかりますが、エアコンに比べて、身体を、じんわりと暖めてくれるので、スイッチを切った後でも身体がホッコリと暖かい状態をキープすることができます。エアコンや普通の電気ストーブだと、皮膚の表面は暖めてくれますが、芯まではあたためてくれることがありません。電気ストーブの前で長時間仕事をしていると、皮膚がチリチリと焼けるように熱くなるような感覚があるのに、スイッチを切るとすぐに寒くなってしまうという経験をしたことはありませんか?電気ストーブは手軽ではありますが、本当の意味で身体を暖めるのには適していないと思います。

まるで湯上りの状態のように身体をやさしく暖めてくれるのは、遠赤外線を使用した「談話室」という暖房器具です。コンパクトな本体なのにもかかわらず、しっかりと広範囲に人体を暖めてくれるので、キッチンやリビングで使用しているご家庭も多いです。テーブルの下に置いておいて家事や料理をしているときや、家族団欒の食事のときなどに、やさしい温もりで家族全員を暖めてくれると口コミでも評価が高いです。ネックなのは価格ですね。5万円近くかかってしまいます。ただ、節電を意識した設計になっていて電気代もセーブ(MAX出力1000W時で1時間あたり20円から25円程度※電気料金は地域の電力会社によって変わります)することができ、部屋の空気を乾燥させることなく、ポカポカと湯船につかっているような快適な暖かさを手にいれることができるので購入者が後を絶ちません。

遠赤外線ストーブは安いものだと8000円程度から販売されていますが、予算が許すのであれば、「談話室」の購入をおすすめします。


コメントを残す

ページトップへ