オイルヒーター おすすめ

オイルヒーター おすすめモデルは、節電対策をしっかりと意識して設計されているデロンギです。オイルヒーターの長所は、面倒な灯油の入れ替えやクリーンな空気に部屋をキープできるところですが、反面、短所としては、電気代が高いのがネックとされていました。従来のオイルヒーターは、マイコンに自動制御機能が弱く、スイッチを入れっぱなしにして放置していると必要以上に電力を使い過ぎてしまったりしていました。

エアコンところなり、オイルヒーターは、部屋を暖めるまでに時間がかかるため、ちょっとした用事だったらスイッチを入れっぱなしにして外出することも多いもの。低いワット数で、室温をキープすることができるデロンギの「エコ運転モード」であれば、20%も電気代を節約することができます。

おすすめ使い方としては、エアコンとの共用ですね。冷え切った部屋を暖めるのにオイルヒーターを使用してしまうと電気代と時間を大きくロスしてしまいます。最初はエアコンとオイルヒーターを2つ同時に稼働させるのがベストでしょう。1時間ほど部屋を温めれば、あとはエアコンの暖房は不要になりますので、タイマーで1時間後にOFFにしておく設定をしておけばラクです。あとはデロンギのオイルヒータ-が「エコ運転」モードで部屋をあたためてくれます。最少の電力消費量は700wとマニュアルに記載されています。700wに対して、東京電力の値上げ後の第二段階の料金を適用すると1時間あたり17.5円となります。およそ10時間連続稼働させたとして、1日あたり175円の電気代となる計算になります。ちなみに、マックスの出力は1200W。同じ条件で1日あたりの電気代を計算すると1日あたり300円の電気代となります。結構高くついちゃいますよね・・・

オイルヒーターは、長時間家にいることが多いご老人や赤ちゃんの子育てが忙しいママのいる家庭に最も適しています。灯油などの危険物を部屋に置いておく必要がないし、空気を乾燥させることなく長時間使えるからです。純粋にコスパで比較したらエアコンを使用した方がいいのですが、快適性(乾燥しない)を重視したい人には、おすすめしたいです。


コメントを残す

ページトップへ